© 2015 -2018

toride rotary club

0297-72-2111

Tel

入会案内

​入会案内

入会をご検討中の皆様へ

ロータリーは、地域に根づいて活動する国際的な会員制組織です。お近くのクラブに入会し、友情とネットワークを広げながら草の根の社会貢献、国際貢献をしてみませんか。

ロータリーへの入会は紹介制となっています。世界に約35,000のクラブがあり、ミーティングを開いたり、インターネットを通じて交流しています。お住まいの地域にもきっとロータリークラブがあるはず。まずは取手ロータリーにご連絡ください。

ロータリークラブ入会のメリット

世界ほぼすべての国にロータリークラブがあり、その会員数は120万人以上。さまざまな国や文化の人が交流し、アイデアや情報を交換したり、職業スキルや才能を生かして地域や世界に貢献しています。

ロータリー会員は、地元団体や国際団体と協力してさまざまな課題や人道的問題に取り組んでいます。ロータリーの活動が世界にもたらす変化はすべて、クラブでのミーティング(例会)や会員同士の交流から始まります。

 

クラブを土台として、さまざまな可能性が広がります:

地域に貢献:地域の課題やニーズを話し合い、仲間とともに問題解決に取り組む。


熱意をもつ仲間との触れあい:クラブの例会は、会員が互いに刺激しあい、学びあうことのできる機会です。ロータリーでは生涯続く友情が培われます。


自分に投資:各分野のゲスト講演、ワークショップ、大会など、人間的、職業的に成長できるのもロータリーの特徴です。ロータリークラブで自分に磨きをかけてみませんか。


入会までの流れ

 

 

それぞれのクラブは個性にあふれ、活動の焦点も異なります。

入会希望の連絡

ご自身についての情報をお伝えください。

クラブへの紹介

ご連絡いただいた情報を基に、ロータリー連絡担当者に、あなたがクラブ入会に関心を抱いていることを伝えます。

クラブからの連絡

クラブがEメールまたは電話であなたに連絡し、クラブの活動や入会について説明します。クラブ見学(週例会、親睦行事、ボランティア活動など)に招かれる場合もあります。

入会の誘い

あなたに入会の意思があり、またクラブがあなたを新会員として迎え入れることを決めた場合には、いよいよ入会です。クラブによっては入会式を開いて新会員を歓迎します(これらの慣行はクラブによって異なります)。

晴れて会員に!

入会後は、ロータリーならではの数々の貴重な体験が待っています。奉仕活動や親睦行事に参加するなど、ロータリーを存分にお楽しみください。

概要

名称:取手ロータリークラブ

所在地:取手市取手2-11-5 常陽銀行取手支店内

連絡先:0297-72-2111

設立:1970年11月19日

 

(1)創 立 総 会(年月日)   1970年11月19日

(2)R I 加盟承認(年月日)   1970年1 月6 日

(3)チャーターナイト(年月日及び会場)1971年10月23日

               (キリンビール取手工場ゲストホール)

(4)チャーターメンバー  22名

(5)創立当時のガバナー  岡崎藤麿殿(水戸R.C.)

(6)スポンサークラブ     竜ヶ崎ロータリークラブ

(7)特 別 代 表       佐藤徹也殿(竜ヶ崎R.C.)

(8)所在地域及び地域内人口

     取手市(クラブ定款第3条による) 
*人口109,122人(2015. 7.1.現在)

取手の地名は、その昔「砦」より派生したと言われ、その後「鳥出」とも呼ばれ現在の「取手」となった。

 取手は水戸街道の宿場町として陸路・水路の便により栄え、取手宿を中心とする新四国相馬霊場(88ケ所参り)は人心の信仰により賑わいをみた。取手に遊んだ一茶は「下総の四国廻りや閑古鳥」の名句を残しているが、お遍路さんの鈴の音が遠く近く鳴り響く風情は取手の風物詩でもあり、各礼所霊場には大小さまざまの絵馬が奉納され、当時の信仰の深さを物語っている。

 その絵馬を取手ロータリークラブのバナーの原形として、坂東太郎利根川に飛躍する鯉を画きバナーとした。当地では、鯉は婚礼の席で“鯉の腹合せ”の伝統の儀式があるほど親しまれている出世魚で、鯉の絵は異色の日本画家粛生粂画宝画伯が、当クラブの為に特に彩筆をふるって下さった原画をもとに、絵馬師が一枚々々楢木地の板に肉筆で描いたもので、全世界にもその例のない珍重なものであろうかと自賛している次第である。